コーヒーゼリー

コーヒーゼリー

日本のコーヒーゼリーの魅力と歴史

コーヒーゼリーとは、コーヒーと砂糖をゼラチンやなどで固めた冷たいです。コーヒーの香りと苦味、ゼリーのプルンとした食感が特徴で、コーヒーフレッシュやミルクをかけて食べることが多いです。が低くて簡単に作れるので、として人気があります。

コーヒーゼリーの起源

コーヒーゼリーの起源には諸説ありますが、日本で初めてレシピが紹介されたのは大正時代です。1914年(大正3年)4月3日付の読売新聞の家庭欄に「コーヒー・ゼリ」という名前で掲載されました。ただし、レシピ自体は1817年にイギリスで出版された料理本にも記載があります。

日本で初めてコーヒーゼリーを販売したのは、県にあるミカドコーヒーという喫茶店です。1963年(昭和38年)に軽井沢で夏だけ営業していた店で、「食べるコーヒー」として大ヒットしました。その後、1970年代にはスーパーやコンビニでも販売されるようになり、日本に広まりました。

コーヒーゼリーの魅力

コーヒーゼリーの魅力は、そのおいしさだけではありません。実は、色々なアレンジや活用法があるんです。

  • デザートとして:コーヒーゼリーはそのままでもおいしいですが、やミルクだけでなく、アイスクリームやフルーツ、ナッツなどをトッピングするとさらに豪華になります。また、パフェやサンデーなどのデザートにも使えます。
  • 調味料として:コーヒーゼリーはデザートだけではなく、料理にも使えます。餃子やカレー、ハングなどの隠し味にすると、コクと苦みが加わっておいしくなります。
  • ダイエットとして:コーヒーゼリーはカロリーが低くて満足感が高いので、ダイエット中でも安心して食べられます。また、コーヒーに含まれるインは代謝を上げる効果があると言われています。

まとめ

コーヒーゼリーは日本発祥の冷たいデザートで、コーヒーの香りと苦味、ゼリーのプルンとした食感が特徴です。カロリーが低くて簡単に作れるので、夏のスイーツとして人気があります。また、色々なアレンジや活用法があるので、飽きることがありません。

PAGE TOP