パフェ

パフェとは?日本のスイーツ文化における歴史や魅力を紹介

とは?日本のスイーツ文化における歴史や魅力を紹介

パフェとは、背の高いグラスにアイスクリームやなどを層になるように盛り付けたデザートです。パフェは見た目の美しさや味のバリエーション、五感で楽しめるという特徴があります。パフェは日本で独自に発展したスイーツ文化であり、その歴史や種類について詳しく見ていきましょう。

パフェの歴史

パフェの語源は、フランス語で「完全な」という意味の「parfait(パルフェ)」です。これが英語圏に渡って「parfait(パーフェイ)」となり、日本では「パフェ」と呼ばれるようになりました。フランスのパルフェは、卵黄に砂糖やクリームを混ぜて凍らせたアイスクリーム状の冷菓にや果物を添えたもので、日本のパフェとは異なります。

日本で最初にパフェが登場したのは、明治26年(1893年)に開かれた晩さん会という宴会だと言われています。このとき、「Paifait FUJIYAMA」というメニューが出されました。これは富士山を模したアイスクリームに果物やナッツを飾ったものでした。その後、大正時代に入ると洋菓子店や喫茶店でパフェが提供されるようになりました。

昭和時代になると、アイスクリームや果物だけでなく、ゼリーやプリン、シリアルなど様々な具材が使われるようになりました。また、地域ごとに特色のあるパフェが登場しました。例えば、岡山では「フルーツ王国」として知られることから、「フルーツパフェ」が名物として提供されました。松山では「とんかつパフェ」という珍しいパフェがとなりました。

平成時代に入ると、インターネットやSNSの普及により、パフェのが広く共有されるようになりました。また、写真映えするパフェが注目されるようになりました。さらに、札幌では「シメパフェ」という食事後の締めとして食べられるパフェが流行しました。

現在では、季節や旬の素材を使ったパフェや、個性的なデザインやテーマのあるパフェなど、多様なパフェが楽しめます。また、お取り寄せできるパフェも増えています。

パフェの種類

パフェは具材や味わいによって様々な種類があります。代表的なものを以下に紹介します。

  • スタンダード
    • レートパフェ
    • バナナパフェ
    • パフェ
    • ストロベリーパフェ
    • マンゴーパフェ
    • フルーツパフェ
    • パフェ
    • ヨーグルトパフェ
    • プリンパフェ
    • 桃パフェ
    • パフェ
    • ミルフィーユパフェ
    • ティラミスパフェ
    • コーヒーゼリーパフェ
  • 変わり種
    • たい焼きパフェ
    • 納豆パフェ
    • 八丁味噌パフェ
    • 豚カツパフェ
    • キムチパフェ
    • エビパフェ
    • ちくわパフェ
    • 野菜パフェ

パフェの魅力

パフェの魅力は、以下のようにまとめることができます。

  • 物語性:上から下へという順番で食べることで、物語を読んでいるような感覚を味わえる。
  • 五感で楽しめる:見た目の美しさや香り、味、食感、音など、五感に訴えかける要素が多い。
  • ライブ感:その場で作られたり、温かいものと冷たいものが混ざったりすることで、ライブ感を感じられる。
  • 振り幅:具材や味わいのバリエーションが豊富で、食べ進めるごとに変化する。
PAGE TOP